本日の大工作業日誌1 床はりその1 〜畳を剥がして床はりをする準備〜

最近スマホを新調したので今日から簡単な作業日誌をつけてみたいとおもいます!

ワクワクする自分のお店づくり、普通ならほとんどのことを業者さんに頼むところをアイディアや相談は夫にできるとはいえ現場作業はほぼ私一人でやってるので楽しい中にも孤独や不安が渦巻いてくるのですが、あとで見たら楽しいだろうし同じような事をやるひとやりたい人の参考になればなおよし!ということで

今日は床はりの準備をしたよ

 

今作ってるお店の物件はちょっと変わっていて小さな部屋が全部で4部屋あって2部屋分は既に貼り終わってるので今日は第三部屋目!

ここはメインで衣類雑貨を置くスペースになる予定です。

 

まずは材料置き場になってたここのお片づけ。材料や道具を広げては片付けてずらしながらすこしずつ進めて行きます。

 

 



えい!

 

昨日ひと段落した廊下スペースや床の間など床張りと関係ない場所にモノを大移動させてカーペットの部屋に。

スッキリ!

そしてこのカーペットを剥がすと

 

 

畳!

ここは先日まで苦戦していたピールアップ糊がベタベタではなくてよかった。

そして畳をバールで剥がすとこんな感じ。

他の部屋からは昭和40年代の新聞紙などがでてきておもしろかったですがここは飼料袋でした。

これもひとつずつ丸めてゴミ袋に入れて、ゴミを掃除して、

こんな感じに。



 

ここに角材を這わせて材を張っていくのでその下準備をば

 

と、ここまできて気がついたのですが、角材を買ってきて使うよりもしかして熊野では大量に安く手に入る端材の板の方が安上がりなのでは?と。

家にあるストックをチェックしてみてたかさが合いそうであれば板を使おうかとおもいます!

普通は角材の方が安いんですけどここは木の国なので!(o^^o)

 

では今日はここまで〜

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です