カバーステッチミシン 、トルネィオとふらっとろっくを比較。JANOME 796Gを購入したよ!

ジャノメのカバーステッチミシントルネィオ 796Gを購入したよ!

お久しぶりです!お店の移転作業で大忙しのティピパオですが、カバーステッチミシン 、ついに購入しました!!

 

ジャーン!!これです!!

796Uの後継機種にして最新機種、796Gです!

ヘンプコットンのニット生地(カットソー)を自分で縫うようになって今までは二本針のロックミシンと職業用の直線縫いミシン+バインダーでなんとか頑張っていたのですがやはり裾の処理にはカバーステッチがしたいしできたらバインダーもカバーステッチもしくはチェーンステッチで仕上げたい!と思って。

そもそもカバーステッチもチェーンステッチも縫えるミシンなんとも魅力的すぎる話です。

このミシンのことを知ってからこれはすごい!と思い数年前から購入を検討していたもののネットで下調べをするとカバーステッチミシンは扱いが難しいというような記事がたくさんあって、じっくり向きあえる自信がなかったので躊躇していたのですが、最近どうにもミシン仕事がたのしくて今の私なら使いこなせるようになるのでは?と思いいろいろ調べてついについに購入しました。

今回はトルネィオ3を購入する経緯とひとまず実際使って見た感想や使い心地のレビューなどの忘備録を書いておくのでこれから買おうと思っている方の参考になればとおもいます。

 

 スポンサーリンク




 

なぜトルネィオにしたのか

カバーステッチミシンといえばいくつかありますが一番の人気どころはベビーロックのふらっとろっく、そしてこちらのJANOMEのトルネィオになるかとおもいます。

ふらっとろっくとトルネィオの違い

どちらにしようか迷って信頼できるミシン屋さん数件メール問い合わせなどもしてみて違いを聞いて見たのですが今お店の移転で大忙しなのでいろいろはしょってものすごく簡単にまとめると、

ふらっとろっくの方が値段が高く構造的にやや丈夫なかんじ?だけれど形がロックミシンのように懐がないので(懐というのは針ある部分の右側のスペースのこと)布の端のみを処理するのであれば問題はないけれどそうでない場合、たとえば袖の付け根あたりとかを縫いたい場合には懐がないと作業性が悪いということでした。あとは空環がでるというのがこちらも魅力。だそうでした。

 

 

一方トルネィオは値段が少し安いこと、そしてミシンの形状が一般的なミシンの形に似ていて懐が広いので裾や首などの端のみの処理だけでなく袖の付け根だったり好きな位置に飾り縫いなどのステッチを入れたい場合作業性がとてもよい、ということでした。そしてこちらは空環がでないので糸切りをするときに一手間いるという感じらしいです。

 

 

バインダーを使用する場合

先ほどふらっとろっくが構造的にやや丈夫、と書いたのは、島田ミシン商会さんに問い合わせしたところ、

カバーステッチミシンは縫い目を形成するに当たって針を曲げる必要がありトルネィオのほうがふらっとろっくよりも針を曲げる仕様となっていいるため、痛みが早い

と教えていただいたからです。 この痛みが早い、というのは針の痛みのことなのか、ミシンのことなのかちょっと疑問なのですが、、今度確認して見たいと思います。

こちらでは

バインダーの利用を前提にするのであれば安定性で優るふらっとろっくがおすすめ

とのことでした。

そしてこのミシン屋さんではオリジナルのバインダーをセット販売していて使用方法なども極秘?でご教授くださるらしくホームページにその内容がつらつらとかかれていました。

バインダーがむづかしいむづかしいとカバーステッチミシンを使用されている方がいろんなブログで書いているのでこれは魅力的な話だな〜と思って問い合わせてはみたのですが、ミシン本体の価格が他店よりも数万高かったこととさらにバインダーの価格や加工費などもかさむな〜という感じでした。使用されている方のレビューなどあればもう少し参考になるのになーとおもったのですが見つけることができなかったのでこの件は一旦保留〜ということに。

 

 

私が現在使っているミシン

 

今、直線縫いミシンはJANOMEの職業用ミシンHS80(現在ジャノメ 職業用ミシン 780DX(自動糸きり付き)

ロックミシンは衣縫人ベビーロック BL-57EXS を使用している私としましては、どちらも8年以上使っていてこれといって大きな故障もないのでとても気に入っています。

性能も作りも違うのでこの二つを比較するのはフェアではないですが、この二つの中で、HS80の方は一度ミシン屋さんにオーバーホールというは大掃除をしてもらったことがありますが(地元のセイシンメンテさんというとても良心的なミシン屋さんで12000円ほどでした)これに対して掃除もなしでガンガン使っていても糸調子が全く狂ったことがなく常にバリバリ動いてくれるベビーロックのロックミシンには驚きと感動と感謝すら感じているのでここはやはり少し高くてもベビーロックのふらっとろっくだよな〜と最初は考えていたのですが、安い買い物ではないのでしばらくゆっくり考えてみました。

 

 

 

 



 

どっちがどうなのか優先順位を考えた

まず値段に関しては高い安いといっても実際は1万円くらいの違いだったので満足いくものを使いたい私としては二つの機種の値段の差は気にしないことに。

ということで残るところは作業性空環の問題。

 

初めは裾と首回りのバインダーのみしか使わないと思っていたのでふらっとろっく!と思っていたわけですが、このミシンのことばかり考えながら既製品の服を眺めていると、カバーステッチやトリプルカバーステッチというのは案外洋服の色々なところに使われています。そして一本針のチェーンステッチを使うと考えると尚更に、いろんなところで使って見たいしその場合にはミシンの懐って大事なんじゃ?!と思うようになってきました。

そうなってくるとトルネィオが優勢です。

トルネィオ空環がでないことに関しては実際触ってみるまでこれがどれくらいの手間なのかよくわかりませんでしたがYouTubeの動画などみるかぎりでは慣れてしまえば大したことはなさそうだなともおもいましたが、ロックミシンのように空環が出ないのは不便なのだろうか?とも思いました。

そして空環自体、ティーシャツの裾などカバーステッチを縫う場合は輪っかになったものを縫う場合には最後の処理は重ねて縫うわけなので空環の必要はあんまりない、という意見も目にして、確かにそうかも、と思いました。

普通の直線縫いのミシンの場合も空環はでないのでチェーンステッチの場合にも直線縫いミシンの感覚かなという気もしてきました。

 

以上の理由で私の使用目的にはの方が良い!ということになりました。

おまけに値段も安いのであればラッキ〜ということで。

 

バインダーに関してはまだきになるところがありますが。。

 

性能に関してはそれほど変わらないというのが島田さん以外のミシン屋さんの意見だったので(確実にトルネィオの方が壊れやすいとかいう話ではないので、ここはもうトルネィオだ〜!!

ということになりました。

2本針のものであれば三万九千円ほどでありますが、やはり拡張性があったほうがいいので3本針の796GもしくはUをターゲットにして見ました。ネット上では150000円とか出てきますが実際は5、6万円代が相場だと思います。

 

トルネィオ3 【796Gと796Uの違い】

ちなみに796Gと796Uの違いはルーパー糸調子の切り替えレバーのありなしが主な違いなようです。新しい796Gの方にはふわっともーどがあるとか。

あとは電気が796GはLEDになっているようです。そのせいか若干796Gの方が消費電力が小さいので電気代が安いんじゃないかと思います。

あと見た目的には796Uは表面にステッチの図解が描かれてますね。見えたら便利な気もしますが別になくてもいいかなと思いますがそれほど違いがないので古い方が安いのであれば古い方(796U)で十分かなと思いました。

 

どこでミシンを買うか

というわけでトルネィオ3のどちらかを買おう!と決定してさてどこで買おうと迷ったわけですが、

何軒か当たって迷ったのはまずジャノメ推しでトルネィオの価格がいちばん安かったミシンアシストさん

私の直線縫いミシンはミシンアシストさんで購入して購入後も何か問題があるたびに質問をするといつも迅速に丁寧なお返事をくださるのでとても信頼できます。今回も質問に対してすぐに丁寧なお返事をくださいました。

次に気になったのが、バインダーについて詳しい説明がホームページにのっているミシン館さん。どうやら岐阜のミシン屋さんだそうでこちらも島田ミシン商会さんのトルネィオ版というかんじでトルネィオ用に工業用のバインダーがつかえるように自社製の鉄板が付属して来る様子。

それを使って上手に縫えた、という方の記事がいくつかネット上で上がっていたのでとても気になり値段などを問い合わせて見たところやはりオリジナルパーツ付きということでミシンアシストさんより3万円くらいお高い。。バインダー自体が付いてくるというわけでもないのでそこからバインダーも飼うとなるとさらに高くなるわけで、結構かさみます。

それだけの価値があるのかどうかというところがきになるところなので色々しらべてみたのですが最新のトルネィオ3の場合純正品のバインダーセットを買えばニッポーなどの工業用バインダーも使用することが可能なようだし、ミシン館さんのサイトで比較されていたメーカーの純正品の廉価版のバインダーは出口の爪が調整できないけれどニッポーなどの工業用のバインダーはできる、というところも現在の最新版のジャノメの純正品のバインダーセットについてるバインダーは爪の調整もできるようなのでそれならまあ自分は普通ので良いかな、、と思いやはり新品を購入するならミシンアシスト!

と思いました。

 

 

結論と感想

というわけでここまできて結局フリマアプリをみたらちょ〜ど796Gが39000円で出ていたので、しかもバインダー2つ付きだったのでそこで購入してしまったわけですが、なんと購入から2年もたっておらず保証書を見るとミシンアシストさんで購入されたものらしくめちゃめちゃラッキ〜でした。

 

届いてからの話も書こうと思っていたのですが長くなってきたのでまた次回にします。

一言で言うと買って良かった!!!という感じです。

バインダーはまだ試していないのですがカバーステッチとチェーンステッチを薄手と厚手のニット生地で試したところ説明書通りに使ってバッチリ綺麗に縫えました。わーい!ぱちぱちぱち。

その様子はまた次回写真入りで載せたいと思います。

ではまた〜!

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です