ヘンプコットンのベビーレギンス制作・販売してます。

ヘンプコットンの子供服

ヘンプコットン衣類が大好きなDIY女子アルプスですこんにちは。

昨年子供が生まれた、というか大変な苦労をして産んだ私ですが、(←お母さん全員同じです)第一子ということでなにをどうしていいのかよくわからず準備不足だったので子供服はほとんど貰い物でやり過ごして着たのですが、コットンもいいけどやっぱりhemp cotton (ヘンプコットン)の子供服(ベビー服)が欲しい!と思ったのものの、探してみると案外少ないもので、ないなら自分でつくろう!ということで近頃娘を寝かせた後に制作しています。

やっぱりヘンプコットンが一番普段着として肌に触る部分には気持ちが良いし見た目もすきなので作っているだけで楽しくなってきます♪

ヘンプってなに?ていう方はこちら

ヘンプは麻科の植物です
繊維は、服やバッグなどの素材になるだけでなく、紙やプラスティック、バイオ燃料の原料にもなり、種やオイルはボディケア用品、食品、薬の原料にもなるなど、幅広い用途で使える植物です。
ただし、ヘンプは麻などと同様に硬い素材なので、服の素材としてそのまま使用するには限りがありますが、コットンやシルクなど他の柔らかな繊維と合繊にすると、肌触りのよい素材になります。

更にヘンプは栽培が簡単であり地下水を綺麗にする効果もあると言われています。
早く成長し深く根を張る性質があるので肥料を必要とせず、強い草なので殺虫剤も除草剤もほとんど必要ありません。
自然にオーガニックで育つ性質を持っています。

ちなみに私が衣類の制作に使うヘンプコットンとはこのヘンプとコットンを55%:45%の割合で紡いで作られたニット生地をさしてます。

生地は中国でつくられたものをネパールで仕入れてさらにそれを日本に送ったり持ち帰ったりしてます。(ややこしいことしてますがネパール仕入れの時にこれをやってます、、)

赤子には自然素材!ていうお母さんは多いとおもいますが独特の肌触りと地球環境なども考慮するとヘンプコットンは本当におすすめな素材です!何と言ってもほんとうにきもちがよいので私は冬も夏もヘンプコットンの7分Tですごしてますし真夏以外はヘンプコットンレギンスを着用してます。(大人用)

ヘンプコットンの弱点

ヘンプコットンの弱点はというと摩擦に対する耐久性がコットンに比べると低いということです。毎日着ているTシャツのようなものだと3年前後でぐったりしてきます。穴があいたりもしてきます。生地も薄くなって破れやすくなるのです。とはいえ着心地の良さといいなんといいとにかく気に入っているので私はいつもボロボロになるまでヘビロテで着てしまい、3年くらいですが週に一二回着用するだけなら5、6年かそれ以上持つこともあるかもしれませんが。

一時はボロボロになって着られなくなったヘンプコットン衣類を眺めてこれってエコなの?と疑問に思ったこともありましたが最近ニュースなどで問題にされているマイクロプラスチックの話題の中で衣類などでも化学繊維のものは選択するたびにマイクロプラスチックが大量に水に溶け出て最終的には海に流れでて生態系に変化を及ぼしている可能性が高いというニュースを聞いて、ああやっぱりそこまで考えるとボロくなることは仕方のないことで自然素材にこだわりたいなあと思うわけです。

マイクロプラスチックとは(出典:wikipedia)マイクロプラスチック(英: microplastics)は、(生物物理学的)環境中に存在する微小なプラスチック粒子であり、特に海洋環境においてきわめて大きな問題になっている[1]。一部の海洋研究者は1mmよりも小さい顕微鏡サイズのすべてのプラスチック粒子[2]と定義しているが、現場での採取に一般に使用されるニューストンネットのメッシュサイズが333μm (0.333 mm) であることを認識していながら[3]、5 mmよりも小さい粒子と定義している研究者もいる[4]。しかし、マイクロプラスチックが野生生物とヒトの健康に及ぼす影響は、科学的に十分に検証されていない。

(出典;wikipedia)

人体への影響はまだわからないとされていますがわからないから大丈夫!ではないので、自分もですが大切な我が子はなるべく自然素材で包んであげたいものです。そして海の生き物たちにも余計な化学物質を摂取しないでもらいたいものです。お魚たべたりもするわけだし。

じゃあコットンでよくない?ていうことかもしれないですけど、、コットンは大量の農薬を必要することが一つきになる点ですがじゃあオーガニックコットンは?となるともちろんそれでいいとおもうんですが、見た目と触り心地と着心地がとにかく好きなんです!!!てことです。

 

あと、

麻は電磁波から身を守る

とかも、一部では囁かれていますが私の調べによると麻は繊維が水分を吸着しやすいという特徴があるので、静電気が発生しにくいと言え、電磁波についても、水分の分だけ抵抗が上がるので、電場が広がりにくい状況をつくってくれるようです。

 

 

というわけで前置きが長くなりましたが

 

私の制作しているヘンプコットンレギンスはこちら!

1 イヌイット動物柄

制作過程はこんなかんじ。柄は手書きで書いてます。

※絵の具は布用の水彩絵の具を使用しているので洗っても落ちません。

絵を描いてから職業用のロックミシンと直線縫い用ミシンで縫っていきます。

 

前から

後ろから

最後にティピパオのタグをつけます。

 

 

個人差もありますが生後3、4ヶ月から1歳を過ぎるまで長く履ける80サイズです!

 

更にこちらのレギンスは抱っこの時などに裾のめくれ上りを防止するためにも足首周りを細めにしています。

スタイリッシュかつキュートでお肌にも地球にも優しいヘンプコットン素材!

こんなかんじの商品を夜な夜なコツコツ制作してます。

ティピパオBASEショップやメルカリなどでも出店してますが詳しいことはまた後日!

ひとまずお知らせでした〜!

もし欲しい方がいましたらメールでも通販受け付けます。出産祝いなどにもいかがでしょうか?

お値段は税込2800円送料は180円です。お問い合わせもお気軽にどうぞ。と思ったら上記にアップした写真の商品は売り切れました!ありがとうございます!!(2018.3.11)

今ある在庫はこちらです。

2 ネイティブアメリカン動物柄

※こちらはコットン100%の物になります (なんでやねん!)

 

前から

 

後ろから

 

横から

 

 

3 ヘンプコットン 草木染め クロッチ(股)部分は藍染

前から

 

後ろから

 

 

タグ入り

 

4 ヘンプコットン アボガドと小鳥柄

 

前から

 

後ろから

 

 

柄ものはすべて一点物!

 

 

ヘンプコットンのベビー用レギンスは一枚一枚手描きで絵を描いて職業用ミシンで丁寧に縫製している一点ものです!

 

ヘンプコットンの弱点で磨耗には弱い点を挙げましたが数ヶ月のハイハイでやぶれてしまうということはないのでご安心ください。(野外のコンクリートの上をハイハイしまくったりしたらまた話が変わってくるかもしれませんが)

出産祝いや一歳のお誕生日などにもオススメの一品です。

 

このほかに下着やマスクなども販売してますのでお気軽にお問い合わせくださいね!

 

tipipaoalps@gmail.comまで

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です